サラブレッドちゃんねる 競馬まとめ

ルージュバック北村のラフプレーに騎手たちが不満「不利が痛かった」

ルージュバック北村

オープン馬17頭が争い、北村宏司騎手が手綱を執った5番人気のルージュバック(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎、父マンハッタンカフェ)が最内を突いた直線で鋭く伸びて優勝。昨年の毎日王冠以来の重賞4勝目を挙げるとともに、天皇賞・秋(10月29日、東京)の優先出走権を手にした。2着には1番人気のステファノス(戸崎圭太騎手)、3着は3番人気のタンタアレグリア(蛯名正義騎手)で、休み明けの3頭が上位を占めた。石橋騎手(アルバート=7着)「いいところで運べたけど、3、4コーナーで仕掛けた時に、外に思い切り振られたアクシデントが痛かった」


http://www.hochi.co.jp/horserace/20170924-OHT1T50167.html

1: 名無しさん 2017/09/24(日) 22:21:53.88

石橋騎手(アルバート=7着)「いいところで運べたけど、3、4コーナーで仕掛けた時に、外に思い切り振られたアクシデントが痛かった」

蛯名騎手「もうチョイだった。(4コーナーの)不利がなければ、もっと際どかったはず。落馬寸前の不利を受けた馬が何頭もいるのに、審議ランプも点かないなんておかしいよ。」

吉田豊騎手(ツクバアズマオー=12着)「もう少しペースが流れてほしかったし、4角で思い切り外に振られてしまった」

松岡騎手(マイネルサージュ=14着)「いいところにつけられたけど、不利が痛かった。なんなんだよという感じ。」







続きを読む

// :