名馬たち - サラブレッドちゃんねる 競馬まとめ

キタサンブラック天皇賞春レコード勝利、天皇賞秋もっとも遅いタイムで勝利

雨中の激闘は大きなため息から始まった。1番人気キタサンブラックは、まさかの出遅れ。後方に置かれる姿に、府中のマンモススタンドが揺れた。清水久師が「ゲート内で悪さしているのは分かったので、瞬間、アッと思った」と振り返れば、北島三郎オーナーも「馬を見失ってしまった」と苦笑い。「大丈夫か」。どよめく大観衆の声をよそに、鞍上の武豊だけは冷静だった。空いたインを利用してポジションを押し上げると、直線入り口で先頭へ。悲鳴はやがて大歓声へと変わった。残り200メートルから、サトノクラウンが襲いかかる。台風接近で激しさを増す雨を、たっぷり含んだタフな芝。名うての道悪巧者であるはずのクラウンが、苦しそうに力を振り絞る姿とは対照的に、ブラックは「来るなら来い」と言わんばかりに、真っすぐ突き進んだ。
勝ちタイムはレース史上最も遅い2分8秒3。2着と首差のゴールは見た目以上の完勝だった。「馬場はこなせると思っていた。スタートは悪かったが焦りはなかった。リズム良く走れば位置は関係ない馬。そういう競馬ができた」。14度目となる盾制覇を、名手は涼しい顔で振り返った。北島オーナーは「今日は豊君の腕達者ぶりに尽きる。感動もうれしさもあるが、それが一番。プロ中のプロですね」と称えた。
https://mainichi.jp/articles/20171030/spn/00m/050/008000c



1: 名無しさん

もうこれ最強馬だろ




続きを読む

// :