池江調教師が勝つときは泣きが入る、今回サトノダイヤモンドの凱旋門賞は諦めた方がいい - サラブレッドちゃんねる 競馬まとめ

池江調教師が勝つときは泣きが入る、今回サトノダイヤモンドの凱旋門賞は諦めた方がいい

サトノダイヤモンド2

1: 競馬ファン 2017/09/08(金) 21:10:57.95 ID:OIJ7NiL20

池江調教師は「動き自体は良かったです。2週間ぶりに見ましたが、ハードなコースで調教されていたせいか、馬がパワーアップしているようです」。

これは戦わずして馬が終わってる事を意味してる






2: 競馬ファン 2017/09/08(金) 21:29:23.77 ID:Vv1oIQ6U0

まだ泣きとかわけのわからんこと言ってる奴がいるとは・・・


3: 競馬ファン 2017/09/08(金) 21:37:16.70 ID:swb4JiHJ0

実感としてあるな
弱気だと来るタイプ


4: 競馬ファン 2017/09/08(金) 21:40:47.29 ID:Y7fqyiKM0

春天の時もパワーアップしてるとコメントしてたな


5: 競馬ファン 2017/09/08(金) 21:51:58.46 ID:iWLAjipI0

JRA「馬券売り上げのために景気のいいコメントしろよ」


6: 競馬ファン 2017/09/08(金) 22:00:00.32 ID:g9yR0MyI0

3000mは持たない→圧勝


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/keiba/1504872657/

「大きくてズブい馬だと、こちらの環境に慣れると放牧地に来たと勘違いしてしまうケースがある。その点、ピリッとしたディープインパクト産駒…サトノダイヤモンドのようなタイプの馬にはむしろこういう環境が合うんです」。海外遠征に向く性格に加え「このクラスの馬ならば能力が高いので、違う環境に行っても修正してくる。走るフォームから変わってくる」という順応性の高さも強調。だからこそ今年の凱旋門賞挑戦はフォワ賞経由なのだ。

「日本馬は、基本は現地で一度は走らないとダメと思っている。最近海外の馬が日本で勝てないのと同じ。やはりいきなりヨーロッパの馬場となると戸惑いが出る。だから、馬体の変化というのもヨーロッパで走るからには必要なこと。(現地の馬場に)必要な筋肉がつくし、蹄跡から違ってくるもの」


https://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/755169/

池江調教師は「追い切り後も順調で、このまま行ってくれたらと思います。特にサトノダイヤモンドおなか回りも引き締まってきて、追い切りの効果を感じました。明日(9日)も同じ調教メニューを予定しています」と説明した。


http://www.hochi.co.jp/horserace/world/20170908-OHT1T50189.html
関連記事
// : 

コメント

非公開コメント